便秘と腸閉塞の関係性

2016年10月21日

便秘と腸閉塞の関係性は、便秘が腸閉塞の原因になるところです。腸閉塞は便が排出されずに腸を塞いでしまう病気なので、便秘は大きく関わっています。

腸内にたまった便が腸管をふさぐことで腸閉塞になることは珍しくありません。腸閉塞は腸がねじれて癒着して塞がることから、急激な症状が出る特徴があります。腹痛や吐き気、腹部の異常な膨らみなどの症状が露呈します。

吐き気が強く出ることが多く、閉塞すると癒着部分が壊死したりする危険もあります。便秘からくる腸閉塞は穏やかな症状から始まる特徴があります。慢性的に便秘が続くと、最終的には便が腸管をふさぐので、腸閉塞を誘発します。

最初は腹部の膨満感や吐き気などの症状を訴え、やがて食欲不振になります。便秘による腸閉塞を防ぐには、便秘を慢性化させないことが大事です。

腸閉塞と便秘には、腹部膨満感、吐き気、嘔吐などの共通点があります。お腹がバーンと張ったようになったり、吐き気がひどくなったりします。

ただ、腹痛の種類には違いがあり、便秘の腹痛の場合、動けなくなるほどにはなりません。腸閉塞の腹痛は、立っているのもつらくなり、顔面蒼白になります。胸のあたりまで苦しくなる時は、腸閉塞の疑いがあります。ローズサプリ

コメントはまだありません

コメントは停止中です。